糖尿病悪化対策最強法は?やっぱり食事療法と運動療法が基本

糖尿病悪化対策最強法は?やっぱり食事療法と運動療法が基本

糖尿病悪化対策最強法は?やっぱり食事療法と運動療法が基本

 

 

糖尿病患者にとって一番気を付ける事は食事ですね。食後血糖値が上がるという事からあれを食べたらいけないとか、これは少なめにしないとダメだとか他の人が聞いたら神経質になり過ぎていると思われるくらいの気を付け方をするものです。しかし糖尿病患者の多くの人は本当は食べる事が好きな人が多いようです。

 

私の周囲の糖尿病の人達も例外では無く、発症前は本当に美味しそうに食事をしていました。特に好きな物が目の前にあると嬉しそうに目を輝かせ、何と幸せそうに食べていた事か。私の叔父にも糖尿病の人がいます。今やもう合併症まで発症し視力もどんどん悪化しています。叔父は百貨店の営業の仕事をしていましたが、毎日が成績に追われ、ストレスの連続のようでした。おまけに接待もあり、ごちそうと呼べるような食事も多かったそうです。体重はみるみる増えていき、気が付いたら肥満になっていました。身体の不調を訴え病院に行くと糖尿病と診断されたのですが、その時には結構進行していたようで仕事も休みがちになっていました。その為、、結局退職して自宅療養に入ったようです。先日会った時には目がますます悪くなっているようで目線が少しおかしいなとは感じましたが、自分の身内のそんな姿はやはり見るに忍びなくやりきれないものです。

 

 

そこで今回は

 

◎糖尿病患者の食事の見直し
◎食事と運動の組み合わせ
◎食事と運動をいかに継続させるか

 

について調べてみました。

 

何とかこれらの方法でライフスタイルをより良いものにしたいものです。

 

 

 

糖尿病患者の食事の見直し

 

皆が皆、暴飲暴食していたわけではありませんよね。何故自分が発症したんだろうという人も多いでしょう。しかし、糖尿病とわかったからには基本的に食事に気を付けなければなりません。見直す点はいくつかありますが、食事療法としてはエネルギー摂取量、栄養バランス、食事時間やその間隔等をもう一度見直しましょう。そして食品交換票を上手に利用しながら食べる事に気を付けていくと自然とこれまでとは違った食生活になれるかもしれません。それにこれまでの食生活を書き出してみる事もいいかもしれませんね。時間、食品、量、間食について一人では確実性が無ければ、家族の誰か食生活を一緒にしている人と話し合う事も良いですよ。そこで改めての気付きが出てくる可能性がありますので、これからの治療に役立ちます。

 

また、今までに問題点が見当たらず食事療法にしっかり当てはまる食生活であったならば、変に量を減らしたり食品を変えたりして自己流にならずに病院の先生に相談すると良いですね。患者が積極的に治療を行っていこうとすると先生もますますやる気になってくれ、たくさん持っている情報からいくつか紹介してくれますから心強いですね。

 

作る時は少し大変ですが、食事に料亭風和食は良いです。エネルギーは少なめの食材が多いしバランスもなかなかです。塩分さえ気を付けておけば、工夫をしながら辛い糖尿病にも立ち向かって行けそうでしょう。仮に美味しすぎて食べ過ぎてしまった場合は次の日に
調整できますね。長期の悪化対策療法ですから、頑張って毎食のエネルギーやバランスを確認しながら頑張りましょう。せっかちな性格の人は面倒に感じるかもしれませんが、自分の身体の為だから我慢できますよね。

 

 

糖尿病悪化対策最強法は?やっぱり食事療法と運動療法が基本

 

 

 

食事と運動の組み合わせ

 

血糖値を下げる事が目的ですから食品交換表を有効に使いながら食事療法で制限をするとともに、運動療法もセットで行わなければなりません。食後1時間くらい経ってからのスタートで、しかも有酸素運動であるウォーキングを行うと血糖コントロールが出来た上にブドウ糖を消費できますね。

 

この時食べ過ぎていないとは思いますが、もしそのような時には無理せず自分のペースを大切にしましょう。そういった意味でも自己管理は大切ですね。

 

運動の前には準備運動も忘れてはいけません。食後1時間とはいっても食事によって1度は血糖が上がったのですから万全に期すことは大切です。他の種類の運動も軽めのものから少しずつ強めにしていく方が良いですよ。やりすぎるとまたお腹がすいて運動後には何か食べたくなり、食べ過ぎてしまったという事も考えられますので気を付けなければいけません。何事も程々が一番だとは昔から言われていますしね。

 

 

 

 

糖尿病悪化対策最強法は?やっぱり食事療法と運動療法が基本

 

 

 

食事と運動をいかに継続させるか

 

自分の為とは言ってもやはり苦しく辛い治療です。継続させる事も少し楽にできるように楽しさを取り入れる工夫も大切ですね。病院で入院しているとよく食事や運動のメニューが配られたり掲示板に貼ってあったりしますね。家での治療にも同じようにメニュー表を作り、そのやり方を取り入れるとチェックする事がだんだん習慣化して出来ている事について自分なりの満足感が出てくる事もありますね。

 

そんな時は周りに思い切り自慢してみるのもストレス解消となって良いのでは?人に言う事によって今度は自然とやらなければ、という気持ちも強くなりますからね。人に言う事は嫌という人は票に丸を付けてみたりシールを張ったりする事も以外に楽しめるかもしれませんよ。

 

まずはいろいろと試してみて楽しんでできる方法を早めに見つけられると糖尿病食事療法も運動療法もやりやすく長く続けられますね。

 

 

糖尿病悪化対策最強法は?やっぱり食事療法と運動療法が基本

 

 

 

糖尿病の予防や治療には宅配通販の食材を上手く活用しよう